加齢臭の原因

加齢臭の原因とは何か

高齢者の体臭の原因の一つ、つまり、加齢臭の原因の一つが、2-ノネナール (C9H16O) であるといわれています。

この2-ノネナールは、加齢とともに増加し、ノネナール発生の原因となる物質の一つである9-ヘキサデセン酸と因果関係があります。

9-ヘキサデセン酸には臭いはないのですが、分解されるとノネナールを生成するため、分解した9-ヘキサデセン酸は、蝋燭や、チーズ、古本のような臭いがします。

これが加齢臭の原因となっていると考えられています。

加齢臭対策には、「みょうばん」などが効果がありますので、それを使った石鹸などで対策することができます。